「音大生・音楽系学部生向けの就活支援」

全国の音大生がオンライン集結!音大内定者に会えるイベントレポート♪「音大生就活のイロハ、全て教えます!第二弾」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、こんにちは!

先日大好評だった就職活動を終えたばかりの21卒音大生の対談イベント「音大生就活のイロハ、全て教えます!第二弾」の様子をお届けします♩

今回も、全国の音楽大学から約40名以上の音大生にお集まりいただき、大いに盛り上がったイベントとなりました👏

今回のイベントには、2名の21卒音大生をゲストにお呼びしました♩

ゲストの紹介

藤本保乃加さん

大学名:国立音楽大学
入社予定企業:大手情報・通信業界(総合職)

藤元さんのインタビュー記事

神代里奈さん

大学名:桐朋学園大学
入社予定企業:大手鉄道業界(総合職)

 

イベントコンテンツ

オンライン×来場で開催!

真逆のタイプの2人が、音大生に特化した就活の戦い方や心構えを経験談を踏まえて赤裸々にお話していただきました。

いくつか印象的だったお話はこちら👇

「就活の道に決めた理由は?」

とりあえず就活をして、楽器のことは後から考える

楽器を続けたい、けどフリーランスの先輩方は大変そう…そんな時、悩む前にまずは行動したそうです。

「”音大生で、良かった”と思えた瞬間」

●音楽をずっと頑張ってきたことが面接などでインパクトがあること。選考中にエピソードを褒めていただいたりして、頑張ってきたことは報われるのだと感じた。

●ミュジキャリで納得のいく就活が出来たからこそ、今は好きなだけ楽器に専念できている。

●長年続けてきた音楽経験についてお話しするから、話に一貫性や説得力がある。「音楽を頑張ってきた」という自分の軸がしっかりあるので、面接での鋭い質問にも自信をもって答えることができる。

「ミュジキャリを利用してよかったこと」

●生き方を肯定して、背中を押してくれるところ。ミュジキャリがなかったら、音大だから〇〇みたいな凝り固まった価値観の中でしか進路を選択できなかった。自分の強みや、どんな人生にしたいかを尊重して、音大という枠に捉われないで可能性を広げてくれる。

●就活を共に頑張れる仲間がいること。孤独を感じないし、自分も頑張ろう!というモチベーションになる。

最後の質問コーナーでは、音大生ならではの生々しい質問が沢山され盛り上がりました!

参加学生の声

■初めて音大就活生の先輩方のお話を聞けて、モチベーションがとても上がりました。自分も納得いく就活をしようと思いました。(22卒・女性)

■コロナの中で、内定を勝ち取った人の意見を聞けたのでとても良かったです。(22卒・男性)

■先輩内定者が、どのように行動したのか詳しくお話が聞くことができ、モチベーションが上がりました!!(22卒・女性)

■音大生らしさが人それぞれであるように、前回と違う内定者のお話が聞けて勉強になりました。有難うございました!(22卒・女性)

■私が不安に思っていたことを話していただいて、今まではあまりはっきりしていなかった就活のやり方が明確になりました。(22卒・女性)

参加者データ

参加人数:43名

・大学3年生(22卒)33名

・大学2年生(23卒)4名

・大学4年生(21卒)4名

・その他 2名

在籍大学

国立音楽大学/昭和音楽大学/洗足音楽大学/東京音楽大学/東京藝術大学/桐朋学園大学/武蔵野音楽大学/東京学芸大学/愛知県立芸術大学/大阪教育大学/京都市立芸術大学/金城学院大学/お茶の水女子大学/沖縄県立芸術大学/武蔵野音楽大学大学院

次回のイベント予定

9月もイベント開催する予定です♩

ミュジキャリの公式LINEInstagraTwitterのいずれかをフォローいただくと最新情報をチェックすることができます!

次回もすぐ満席になることが予想されま

この記事を書いている人 - WRITER -

記事監修
白鳥さゆり

国立大学音楽系学部を卒業後、新卒でリクルートキャリアに入社。3年目で社内最年少のリーダーになり、MVPなどの表彰も複数回受賞。2012年、リクルートで働く傍ら出場した東京国際ピアノコンクールにて優勝。2016年の夏に独立し、音大生キャリアの専門家として全国の音大で講演をしながら、個別でキャリア相談に乗るなどの活動を行う。

Copyright© 音大生就活なら『ミュジキャリ』 , 2020 All Rights Reserved.