「音大生・音楽系学部生向けの就活支援」

音大から大手メーカー企業に内定!?~音大生の就活体験談 vol.3~

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!音大生就活支援サービス「ミュジキャリ」編集部のなつぼっくりです。
今回は、就活を終えた東京音楽大学4年・入夏綾香さんにインタビューを行いました!

「音大生でどうやって就職するの…?」「どうやって志望業界を見つけるの…?」など、就活に関して悩みや不安がある方も多いのでないでしょうか?

そんな皆さんに読んで頂きたい記事です(^^)

自己紹介

なつぼっくり:こんにちは!本日は、お忙しい中ありがとうございます。簡単に自己紹介をお願いできますでしょうか?

入夏さんはい!東京音楽大学で声楽を専攻しています。現在、ミュジキャリの公式メンターとして、23卒音大生の相談に乗ったりイベントに登壇したりしています。卒業後は、大手化学メーカーに就職します。

なつぼっくり:ありがとうございます!本日は、就活体験についてお伺いしていきたいと思います。宜しくお願いします!

就活を始めた時期・理由

なつぼっくり:入夏さんが、就活を始めた時期はいつくらいでしょうか?就活をしようと決められた理由についても教えて頂きたいです。

入夏さん3年生の4月頃です。理由は、私に専業演奏家としての適性があまりないと感じたからです。音高・音大で優秀な仲間たちと学ぶうちに、自分自身が舞台に上がって歌うことの意味を、自分が楽しいこと以外で失っていきました。

そして、日本の芸術がより豊かになるように尽力できる人になることが私の人生の目標かなと思うようになり、そこに近づく第一歩は、芸術に出資しているような一般企業で働くことだと考え、就職を決めました。

なつぼっくり:すばらしい!自分が演奏家は違うかも…?となった時に、「自分はどうやったら役に立てるか?」という視点に切り替えられるのは本当にすごいことだと思います!そのような考え方になったのは、何か理由があったのでしょうか?

入夏さん大学では演奏だけでなく、授業に関係する事務作業やインペクなども多く経験し、「演奏をする人たちだけではなくて、それを支える人たちも必要なんだ」と感じたのは大きかったです。

あと、私は承認欲求が強いんですよね(笑)
自分にとって歌うことも大切なことですが、「人の役に立てること」「ここにいていいんだ!」という確信を持ちたいというのもあり、「どうやったら役に立てるか?」というのを考えるようになりました。

なつぼっくり:自己分析がすごい…!実技やそれ以外の経験から、自分の性格、頑張れる環境を知っていくのは大切なことですね

業界・入社先の決め方

なつぼっくり:就活を始められてからどのように業界を絞っていきましたか?

入夏さんビビッときたところにしました!最初はとにかく、あっちこっちに顔を出していました。色々な人の話を聞いていると、いいかも!という業界に出会えます!

なつぼっくり:「行きたいところない…」とならずに、沢山のお話を聞くのは大切ですね。企業を決める上での軸はありましたか?

入夏さん3つあります!まずは音大が好きなので、音大にいる感じの、真面目で穏やかな雰囲気の人と働きたいなと思っていました。

また、将来は音楽・芸術文化に貢献できる人間になりたいという目標に向けて、あえて音楽と離れているところにいきたいと思いました。音楽業界に出資している企業は、音楽とは関係ない業界が多いですし、離れているからこそ音楽業界のことを音大生・演奏家ではない目線で見ることができると思いました。

そして、B to Bビジネスの営業をできる企業に行きたいと思っていました。これは単純に大きなことをやりたいと思ったのと、自分が入社してすぐに営業の仕事以外をしているイメージがあまり持てなかったからです。

なつぼっくり:明確ですね!その中でも入社先に決められた理由はなんでしょうか?

入夏さん業務内容、社員の皆様の雰囲気。これは「ご縁」としか言いようがないのですが、絶対ここだなと思った瞬間がありました。

なつぼっくり:どんなところが良いなと思いましたか?

入夏さんまずは、人事の方の雰囲気です。先程言ったような「真面目で穏やか」という言葉がぴったりな方でした、営業の人もとても穏やかで素敵だと思いました。あとは、最終面接で女性役員の方とお話できたのも印象的でした。伝統ある企業でも、変わっていこうとする意志があるのだと感じました。

なつぼっくり:働いている人と合いそうか、というのは大事なポイントですね。人事の方は勿論、他の部署の方とも話す機会をなるべく持てるとよいですよね!

音大生の就活について思うこと

なつぼっくり:就活をしていると音大生ならではの大変なこともあったのではないかと思います。音大生ならではの就活で頑張るポイントってありますか?

入夏さん意思を強く持つことは本当に大切だと思います!!(力説)

なつぼっくり:力強い…!意思が必要だと思ったのはなぜですか?

入夏さん音大では、民間企業に就職しない、という選択をする人も多いです。音楽だけを続ける人が多い中で、自分のモチベーションを保つ、というのは大変なことでした。

なつぼっくり:就活は数ヶ月以上にわたりますし、モチベーション維持は課題ですよね…入夏さんはどのように保たれていましたか?

入夏さんモチベーションが落ちることは、あまりありませんでした。振り返ってみると、「こうなりたい!」という目標を明確にすることはとても大切だと思います! 

なつぼっくり:確かに…私も、「就職したらピアノのある家で一人暮らしをするんだ!」というのを、いつも考えながら就活していました(笑)就活中、音大生で良かったと思えた瞬間はありますか?

入夏さんあります!1つ目は、絶対に覚えてもらえることです。音大生のあの子ね!ってどこでも言われます。いい意味でも悪い意味でも(笑)音大生を私しか知らない人の音大のイメージが私のせいで悪くならないようにと必死でした。2つ目は、話のネタに困らないことです。雑談などが求められる場面でいろいろ面白がられます。

なつぼっくり:確かに…!ちなみに、雑談ってどんなことを話しましたか?

入夏さん:「どんな授業受けているの?」とはよく聞かれました。あとは、面接前の時間に「音大生って会ったことありますか?」ってこっちから話かけたりしました(笑)

なつぼっくり:自分から話かけるのは強い(笑)音大生であることを完全に強みにしていますね!入夏さんにとって、ミュジキャリで就活をしてよかったことはなんですか?

入夏さん就活のために、何をすべきかわかったことです!音大就活生のロールモデルが大勢いらっしゃるので、今なにをすればいいのかがわかりました。

なつぼっくり:大学内だと就職した先輩のお話って中々聞けないですものね…今度は、入夏さんが音大生就活のロールモデルになってくれて嬉しいです♪

後輩へのメッセージ

なつぼっくり:最後に進路について考えている後輩音大生にメッセージをお願いします。

入夏さんなるべく早くから、できるだけ多く行動してみてください!ファイトです!!

なつぼっくり:本日はありがとうございました!

==============================================

「自分は人の役に立てる存在でありたい」という自分の気持ちを大切にして就職を決められた入夏さん。自分を知ることによって、音楽と同じくらい自分が大切にしていること(価値観)に気づけるのだなと改めて思いました…!

==============================================
【23卒・既卒就活&転職活動をご検討中の方へ】

ミュジキャリでは、2023年卒業予定の音大生の方、音大卒業生の方を対象に面談を行っています。音大生専門のアドバイザーに就職や進路・キャリアに関する悩みを相談してみませんか?

▼23卒の方はこちら▼
https://musicari.jp/23soudan04/

▼既卒就職・転職活動をご検討中の方はこちら▼
https://musicari.jp/ktsoudan11/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 音大生就活なら『ミュジキャリ』 , 2021 All Rights Reserved.